賃貸生活のススメ

「毎月家賃を支払っていると、損をしているような気がする」という人がいます。
果たして、そうなのでしょうか。
確かに、毎月家賃を支払っていても、その部屋は自分の持ち物にはなりません。
間取りやインテリアを自分で勝手にアレンジすることは難しいですから、生活空間の自由という面では、制限が多いと言えるでしょう。
その点、持ち家ならば、自分の好きなように改装することができますし、壁に穴を開けても、釘を打っても、特に問題はありません。
そのため、家賃を支払っていることがもったいないと思う人が多いことはうなずけます。
しかし、実は賃貸住宅の方が金銭面では特になるという考えを持っている人もたくさんいるのです。
例えば、住宅ローンの毎月の返済額が8万円で購入できる一戸建て住宅があったとしましょう。
住宅ローンの返済期間は35年で、毎月の返済額は金利分を含めて8万円です。
そして、賃貸住宅で家賃が8万円の物件と比較してみます。
この場合、持ち家でローンの返済額が毎月8万円ということは、その8万円のうちいくらかは住宅ローンの利息だということになります。
つまり、毎月の住宅にかかる費用は同じでも、その物件のグレード面からみた場合には、賃貸物件で家賃8万円の方が優れているという可能性が高いというわけです。
さらに、持ち家の場合には35年間のローンを返済し終わるまでに、自宅のメンテナンスが必要になるでしょう。
一方、賃貸物件の場合には、家賃さえ支払っていれば、住み続けることができます。
また、賃貸住宅では更新料などが発生するケースも比較的多いのですが、それでも持ち家のメンテナンス費用と比較すれば、かなり安いと言って良いでしょう。
また、途中で気軽に引っ越すことができるというのも、賃貸住まいの大きなメリットです。
もちろん持ち家にも色々な魅力がありますが、賃貸住宅にも同じだけ色々な魅力があるのです。
そこで、ここでは色々な視点から賃貸住宅の魅力を紹介していきたいと思います。
経済面で得をすることや、最近流行りの賃貸住宅の情報など、現在住宅を購入するか、それとも賃貸生活を続けるかで迷っている人には、ぜひ知っておいて欲しい情報です。
持ち家と賃貸の魅力をよく知り、その上でどちらを選択するのか、慎重に決めていきましょう。
また、現在賃貸物件に住んでいるという人は、次に引っ越すときの物件探しに役立つと思います。
ぜひ、お部屋探しの参考にしてみてください。
Copyright (C)2017広い!今注目の賃貸物件〜戸建て・メゾネット〜.All rights reserved.